クババ(Kubaba)とは?女王?女神?やりすぎ都市伝説のクババの正体を解説!

2019年12月28日放送のやりすぎ都市伝説で出てきたクババ(Kubaba)とは何か?

神なのか?人なのか?果たして?

やりすぎ都市伝説に出てくる存在ですが・・・

人類のルーツと言われるクババについて、ご案内していきますね!

スポンサーリンク

クババとは一体何者なのか?そのルーツとは?

クババとは、人間に知恵を授けた存在、人類を作ったものなどと言われています。

そもそものルーツは、シュメール文明にさかのぼります。

シュメールとは、紀元前3800年 - 紀元前525年に栄えた国家です。

その長い歴史で唯一の女王だったのが、クバウ女王です。

そこから、カルケミシュという都市に、クバウ女王の伝説が伝わり、そこで神として祀られたのが女神クババ(Kubaba)です。

紀元前2千年紀にはその存在は知られていました。

長いローブを着て、右手にザクロ、左手に鏡を持っています。

ザクロは豊穣、鏡は未来や真実を写すものの象徴です。

これがクババの正体です。

スポンサーリンク

クババ=大地母神「キュベレー」=人類を作ったと言われる理由とは?!

このクババは、のちに、ギリシャに話が伝わり、キュベレーという名前になっています。

クババ ⇒ キュベレー と、全く発音が異なりますが、同じ存在です。

キュベレーは「死と再生の神の一柱」ということで、紀元前5世紀には崇拝されていました。

キュベレー - Wikipedia

聖闘士星矢では、アテナやポセイドン、ハーデス、ゼウスといったそうそうたる神々が登場しますが、キュベレーはその神々の一員です。

キュベレーは、神々の母と言われていますので、彼らのようなメジャーな神様の生みの親。

だから、人類のルーツと言われているんですね。

スポンサーリンク

マジか!クババが人類を作ったといわれる核心に迫る!

もう1つ、重要な説があります。

キュベレーは、手にリンゴを持っています。

クババでは、ザクロを持っていましたが、キュベレーに代わっています。

また、知恵の保護者と言われています。

リンゴと知恵と言えば?

そう、アダムとイブの話ですね。

その関係性から人類を作ったのではないか?という説があります。

なるほど!分からん!という感じです。

・・・正直、神話というのは、事実を何かを例えたり、暗喩していたりしています。

さらに当時の価値観や道徳的な意味合いも加わっており、いわば「創作」ですので、何が本当なのかは分かりづらいです。

もっと言ってしまえば、クババのルーツのシュメール人の女王「クバウ」ですら、実在の人物かどうかは不明なんですよ。

スポンサーリンク

クババと立方体(キューブ)の崇拝の関係も解説と!

クババとは、KUBAという立方体という言葉から生まれました。

KUBA(CUBE:キューブ)=立方体なんですね。

クババがキューバとして祀られた時代には、立方体が神体として崇拝されていました。

土星崇拝をするブラックキューブ。

これはイスラム教のメッカ(サウジアラビア)ではカーバと呼ばれています。

このカアバはクババがルーツとされています。

立方体=クババということです。

信仰のことなので、確かなことは何も分かりません。ですが、何者かの存在を感じずにはいられなませんね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました