内田喜郎(うちだよしろう)の現在は?結婚はしてる?ライブ活動の様子や雲霧仁左衛門3出演の情報!

あいつ今何してる?に登場した内田喜郎(うちだ よしろう)さんですが、1953年生まれなので、現在は67歳です。

ジャニーズに入所する前とその後の彼について紹介していきます!

スポンサーリンク

内田喜郎の現在は?画像や動画をチェック!

現在は、歌手をしています。

しかも、シャンソンの歌手です。

シャンソンとは、フランス語の歌曲のことです。

宮崎アニメの紅の豚の世界観のある歌の世界ですね。

1970年、17歳のときに高校生ブルース(大映)で高橋惠子さんと共演。

同じ年に映画会社の大映が倒産してから、ジャニーズ事務所に入所しました。

その後、1971年にミスターロビンソンという歌謡曲でデビュー。

1972年には泥まみれの青春と、立て続けに歌を出しました。

ジャニーズではヨシ坊と呼ばれていたそうです。

この頃に歌っていたのが1973年の「少女ひとり」です。

退所後は「ふるさと」という曲を1975年にフィリップスレコードから出しています。

その後、いくつかのプロダクションを渡り、現在は芹川事務所に所属しています。

芹川事務所の公式サイト

スポンサーリンク

内田喜郎 結婚はしているの?してないの?

1986年に、ファンの子と結婚をしています。

172cmで60㎏と、当時としてはスタイルが良く、ジャニーズに入るぐらいですから、当然、ルックスも良いので、いろいろあったと思います。

一男一女がいます。

ただ、芸能人としての自信を失ったようで、1980年代の半ばごろには、芸能の仕事を減らし、飲食店経営をスタートしています。

そのお店は3年程度で閉店。1989年には芸能界からの引退をしています。

その後、飲食店を閉店、2003年には離婚をして、親権を失い、一人暮らしでアルバイト生活をするようになってしまいました。

・・・う~ん、けっこうなかななハードモードな人生ですね!

完全に推測ですが、ジャニーズ退所がダメージが大きかったのではないかと思われます。

ジャニーズにいたのは、1970年~1974年ですが、その後は、正直、パッとしません。

というか、ジャニーズで活躍したというデータがないので、事務所で色々あったのかもしれませんね。

子役で活躍して脚光を浴びてしまうと、人生が難しくなるのだと思います。

あの頃の日本はまだまだ貧しかったですし。

スポンサーリンク

内田喜郎のライブの様子!シャンソン歌手として活動!

内田喜郎は、シャンソン歌手としてライブ活動を細々としています。

哀愁が漂ってくる感じがしますね。

10代でデビュー、映画俳優、ジャニーズ、ゲイバー、離婚を経て、いろいろな苦労があったことでしょう。

だから説得力のある「過ぎ去りし日青春の日々」になっているのだと思います。

味がありますよね。

若い頃では出ない、出せないものを表現しています。

飲食店経営がうまくいかず、離婚をした後は、一時は、ファミレスで深夜のバイトをしていた内田さんですが、2010年代の後半には、ドラマや映画にも出るようになっています。

もしかしたら、生きる意味というか意義を見出したのかもしれませんね。

スポンサーリンク

内田喜郎は雲霧仁左衛門3にも出演した!

NHKのBSで放映している雲霧仁左衛門3にも出演しています。

2017年1月で全8回の放送です。

残念ながら出演者の中に、内田喜郎さんの名前はありません。

雲霧仁左衛門3のサイト

ですが、芥川事務所の内田喜郎のプロフィールページには出演した記録があります。

全8回のうち、第4回目に、益蔵という役で出ています。

懐かしんでいる人もいますね~。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました