デコポンの3つの食べ方を解説!美味しい産地や季節、見分け方もチェック!

デコポンって美味しいですよね。美味しく食べる食べ方や美味しいデコポンの見分け方など、デコポンを味わい尽くすための情報をご案内しています!

デコポンの食べ方を解説!美味しく食べる3つの方法♪

方法①:少しカットしてから皮を剥いて食べる
方法②:ジャムにして食べる
方法③:ゼリーにして食べる

方法①:少しカットしてから皮を剥いて食べる

デコポンは皮が固く、皮を剥く前に、ナイフで少しカットしてから、皮を剥いて食べるのがおすすめ。

ちなみに、皮を剥く時には、へたの方から剥いていくと、簡単に剥くころができます。

特に、持った時に重いデコポンは、果汁が多くて甘いので、そのまま食べても甘くて美味しいです。

方法②:ジャムにして食べる

デコポンの皮の表面を剥き、砂糖大さじ4、ハチミツ大さじ3を加え、弱火で8分ほど火にかけ、最後にハチミツを加えて、とろみが出るまで煮詰めます。

アレンジとして、デコポンだけではなく、ゆずやレモンの皮を加えることで、口当たりがさわやかになります。

方法③:ゼリーにして食べる

デコポンを横向きに切り、くり出した果肉をゼリーにします。

ゼリーにした果肉は、皮の中に戻すと、見た目もおしゃれに出来上がります。

作り方は、普通のゼリーと同じですが、デコポンは特に甘味が強いため、砂糖を加えすぎないのがポイントです。

美味しいの見分け方!季節・産地を見極めて食べよう!

デコポンの美味しい季節は、3月から4月にかけてです。

特に、皮の色が濃いオレンジ色で手で持った時にずっしりと重いものは、甘味が強くておいしいです。

現在では日本各地でデコポンの栽培がおこなわれていますが、デコポンを開発した熊本県のデコポンが一番おいしいです。

大量に買ったデコポンを長期間美味しい状態で保存する方法

デコポンを、長期間保存する方法として次の3つの方法があります。

・野菜室
・ラップ、もしくは袋に入れて保存
・冷凍保存

デコポンは、5℃以下で低温障害を起こします。

冷凍する際には、皮を剥き、バラバラにしてから冷凍すると、1か月程度持ちますよ。

デコポンの栄養素は?食べ過ぎるとどうなる?

デコポンに含まれる栄養素は、美肌効果のあるビタミンC、整腸効果のあるペクチン、ガン予防効果が期待されるβ-クリプトキサンチン、クエン酸です。

デコポンを食べることで、健康を手に入れられそうですね。

ただし、デコポンを食べすぎると、お腹がゆるくなってしまったり、手や顔などが黄色くなってしまうことがあります。

当たり前ですが、食べ過ぎには注意しましょう。

デコポンを食べた後は皮はこう活用しよう♪

デコポンの皮には、油や汚れを分解する効能である、リモネンが含まれています。

ですので、食器洗いやお風呂の掃除にぴったりです。

オレンジの洗剤があるように、デコポンにも同じような効果があるのですね。

まとめ:デコポンの食べ方は様々!少し加工しても美味しい♪

デコポンは、そのまま食べてもしっかりとした甘味があり、美味しいですが、ジャムやゼリーなど、アレンジのレシピも豊富です。

美味しいだけではなく、健康にも重要な栄養素が、たっぷり詰まったデコポンの魅力を、皆さんも、ぜひ楽しんでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました