ビールをまずいと感じる4つの原因!大人になると好きになる理由も解説

大人の飲み物として、愛されているビール。

ですが、意外にも、ビールをまずいと思っている人は結構います。

筆者も飲み始めた当初はまずいと感じていましたが、今ではビールが大好きです。

なぜまずいと感じる人がいるのか?
また、それが「美味しい」に変化していくのはなぜか?

その理由を解説していきます!

ビールがマズイと言われる4つの原因を解説!

なぜ、ビールはまずい、と言われるのでしょうか。

原因は4つあります。

原因①:苦味が強い
原因②:その日の対象に左右される味
原因③:ビールの種類によってはまずい
原因④:若い人は苦味を感じやすい

それぞれ見ていきましょう!

原因①:苦味が強い

ビールは苦味が強い飲み物です。

苦味というのは、本来は「毒」の味でなんですね。

人間の本能として、毒から身を守るために、苦味をまずく感じる本能が備わっています。

もちろん苦い食べ物・飲み物に毒があるというわけではありませんよ。

ですが、人間にその機能が備わっているため、初めてビールを飲んだ多くの人は、ビールを「まずい」と感じるのです。

原因②:その日の対象に左右される味

ビールは、甘い飲み物や酸味の強い飲み物に比べ、その日の体調によっておいしさが左右されます。

元気いっぱいの日には美味しく感じることもありますが、逆に、体調がよくない時にはまずいと感じやすい飲み物です。

これは先ほど述べた「苦味」に関係しています。

原因③:ビールの種類によってはまずい

実は、ビールには様々な種類があり、メーカーによってその味は異なります。

また、ビールの本場であるドイツのものと、日本のビールでは作り方が違います。

日本のビールはドイツのものに比べて味わいが濃いため、「苦い」「まずい」と言われています。

これには酒税法が関係しており、日本では、ドイツのビールと同じ作り方はできないそうです。

原因④:若い人は苦味を感じやすい

子供の舌は、大人に比べて味覚が鋭いそうです。

なので、苦い味つけ・濃い味付けが苦手な子供は多いですよね。

これと同じ原理で、若い人は味覚が鋭く、「苦味」もより強く感じやすいようです。

壮年の方に比べると、若い人の方がビールが苦手な傾向にあるのは、このことが関係しています。

ビールがマズイが美味しい!になる2つの理由を解説

ではまずいとと思っている人がビールが美味しいと感じるようになる理由は、何なのでしょうか。

理由①:舌が慣れるから

何度も何度もビールを飲むことで、次第に、脳が「これは安全な飲み物だ」と理解するようになります。

そうなると、苦手な味も楽しめるようになり、不快感が軽減されることで、美味しく感じるのです。

理由②:冷やすと味わいがよくなるから

ビールは、冷やすことで味わいがよくなり、美味しくなります。

ビールに最適な温度は6℃~8℃程度なので、そのくらいに冷やして飲むと、とても美味しく感じされます。

まとめ:ビールがまずいのは苦いから!でも飲み続けていくうちに「美味しい」に変わる人が多数!

ビールがまずい、と言われる理由には「苦味」が関係していたのですね。

筆者も、最初はまずいと感じていましたが、いつの間にか大好きになっていたことを思い出しました。

ビールを飲むことに慣れることで、おいしさを感じられるようになるかもしれませんね!

タイトルとURLをコピーしました