AndroidからiPhoneに変更して後悔する3つの理由を解説!

AndroidからiPhoneに変更して後悔する人もいますが、どんなことに後悔をしているのか?3つのデメリットをご案内します。

また、メリットがあるのかについてもご案内しています。

AndroidからiPhoneに変更して後悔しないように、メリット・デメリットをきっちりと情報収集しておきましょう!

AndroidからiPhoneに変更して後悔しないために!3つのデメリットをチェックしておこう!

AndroidからiPhoneに変更する場合、以下の3つのデメリットがあります。

・LINEのトーク履歴が引き継ぎできない
・ダウンロードできるアプリの数が少なくなる
・SDカードがない

デメリット①:LINEのトーク履歴が引き継ぎできない

Android同士やiPhone同士で乗り換える場合は、LINEの全てのデータ移行が可能です。

ですが、AndroidからiPhoneへ移行する場合、

OSが異なるためLINEのトーク履歴の引継ぎができません。

残しておきたい場合は、テキストスタイルでトーク履歴を保存しておきましょう。

デメリット②ダウンロードできるアプリの数が少なくなる:

iPhoneのアプリは、Androidに比べ査定が厳しいため、使えるアプリの数が少なくなります。

そのため、今自分が利用しているアプリがiPhoneでも使用できるか確認する必要があります。

査定が厳しい分アプリの安全性は高まりますが、自由度が低くなるため、こだわりがある方は注意が必要です。

デメリット③:SDカードがない

iPhoneではSDカードは利用できません。そのため、Androidのように後から容量を増やすことができません。

始めに購入した機種の容量(GB)が最大容量となるため、どれくらいの容量が必要かよく考えて購入する必要があります。

逆にAndroidからiPhoneに変更する3つのメリットを解説!

逆に、AndroidからiPhoneに変更する場合、以下の3つのメリットがあります。

・使用している人が多く使い方を聞きやすい
・アプリの安全性が高い
・スマホケースの種類が多い

デメリット①:使用している人が多く使い方を聞きやすい

Androidは機種によってそれぞれ使い方が異なりますが、iPhoneはどの機種も基本的な操作方法が同じです。

そのため、iPhoneユーザーであればどの機種を持っていても使い方を聞くことができます。

また、Androidに比べて操作方法が簡易であることが多く、機械に疎い方でもすぐに慣れることができます。

デメリット②:アプリの安全性が高い

アプリの査定が厳しく、数が少ない分、安全性は高いです。
安全かどうか自分で調べて選べる方はAndroidのほうがおすすめですが、心配な方はiPhoneのほうが安心かもしれません。

デメリット③:スマホケースの種類が多い

Androidに比べ、iPhoneは多種多様なスマホケースがどこでも販売されています。

Androidの場合、店舗ではあまり種類がなく、少し機種が古くなるとネット上でしか購入できないことがよくあります。

その点iPhoneのスマホケースは、お値段も手ごろでおしゃれなものが街中でたくさん売られています。

まとめ:AndroidからiPhoneに変更して後悔しないために、メリット・デメリットを比較しよう! AndroidからiPhoneへ機種変更する場合、後から後悔しないように、そのメリットとデメリットを十分理解して行うことが大切です。 この記事を読んでいる人はこちらも読んでいます

タイトルとURLをコピーしました